乾燥への対策

パウダー

乾燥肌には主に環境による影響と間違ったケア方法があげられます。 冬場は外気が乾燥しているため、自然と乾燥肌がひどくなりますし、室内もエアコンが効いていて乾燥しがちです。 自宅でエアコンを入れている場合には湿度が下がり過ぎないように、加湿器などを使用して湿度を50%くらいに保つように乾燥対策を行ないましょう。 また、間違ったケア方法の一つには、洗いすぎがあります。 特にお風呂に入った時にゴシゴシ体や顔を洗ってしまうと、皮膚の表面を傷つけてしまって、そこから皮脂などが洗い流されてしまい乾燥してしまいます。 また、お湯の温度が高すぎても乾燥しやすくなってしまいますので、お風呂の入り方には注意が必要です。 対策としては、洗い過ぎないように丁寧に優しく洗うことと、お湯の温度を気持ち低めにすると良いでしょう。

体の部位によっても乾燥肌になりやすい部位があります。 角質が厚くなるひざやかかとなどは皮脂の分泌がすくないため、刺激から肌を守ろうとして角質が厚くなり、乾燥肌になってしまいます。 厚くなった角質をまずは優しく取るのが乾燥対策になります。 ゴマージュやピーリングで優しく角質を落とした後は、しっかりと保湿して肌を乾燥させないのが大切です。 かかとのケアに有効なのが、クリームを塗った後、ソックスを履いて寝ることです。 締め付けのない緩めのソックスを履いて寝ると保湿効果が高まり、かかとのひび割れなどを改善することができます。 そして、一番よく使う手は、すぐに乾燥しやすい部位です。 家事をする時にはゴム手袋をしたり、乾燥を感じたらすぐにクリームを塗るなどして、こまめに保湿することで乾燥対策になります。